【アジア最終予選】サウジアラビア代表の実力は?サッカー日本代表のスタメン、W杯進出の可能性について

広告

どうも、ゴトーだ。

f:id:hogehoge223:20170208081817j:plain

俺は三度の飯よりサッカーが好きでな。
もちろんサッカー日本代表もずっと応援している。

ここのところ日本代表は足踏み状態でもどかしいが、確実に世代交代は進んでいるのでそれを込みで紹介していきたい。

11/15 追記

試合終了後の速報を書いたので、よければ見てほしい。


ワールドカップアジア最終予選について

f:id:hogehoge223:20161114200456p:plain

2018年にロシアワールドカップが控えていることはよく知られており、2016年現在その大会に出場するための予選が世界中で行われている。
各国は大陸ごとのグループに属して、そのグループごとに与えられた出場枠の中に入ることでワールドカップに出場することができる。

日本はアジア予選に参加しており、今はアジア最終予選を戦っている。
最終予選を通過することで、晴れてワールドカップ出場が決まる。

最終予選の通過条件

あまり最終予選の通過条件について改まって紹介しているメディアは少ないので、これについても触れておきたい。

まず日本が所属するアジア予選においてワールドカップに出場できる枠は「4.5」となっている。
つまり上位4.5カ国がワールドカップに進出することができる。

「.5ってなんやねん」と思う人も多いはずなので、より詳細に説明したい。

アジア最終予選は上の画像にある通り、「グループA」と「グループB」に分かれており、例えばグループAには韓国やイラン、グループBには日本やオーストラリアが入っており、それぞれのグループから上位2カ国がワールドカップに出場できる。
では3位の国はどうなのかというと、グループAとグループBの3位の国同士でホーム&アウェーのプレーオフを行い、そこの勝者が大陸間プレーオフに進むことになる。

大陸間プレーオフでは、北中米カリブ海予選で4位のチームと残りの1枠をかけて争われる。
つまり3位に入った場合、W杯に出場するにはそこからプレーオフで2連勝しなければならないことになる。

また枠数についてだが、上位2カ国×2グループで4枠、そして北中米カリブ海と1枠を争うので0.5枠とみなし、合わせて4.5枠ということになる。

アジア最終予選は甘くない

f:id:hogehoge223:20161114201816j:plain

4.5枠ということでアジアから4カ国以上が出られる、となると一見日本がワールドカップに出場できるのは当たり前のようにも見えるが、実際のところそれほど甘くはない。

例えば同じグループBのオーストラリアは2015年のアジアカップで優勝していて、現状日本よりも格上の国だ。
仮にオーストラリアに遅れを取ったとすると、その中で確実に2位は取っておきたい。

3位になってしまうとプレーオフで2連勝することが必須となり、特に北中米カリブ海ではアジア以上の強豪国と戦うことになるはずなので、劣勢を強いられる可能性が高いからだ。

かといって2位に入り込めるのかというと、今のところ黄色信号が灯っている。
今の順位は1位がサウジアラビアで、2位がオーストラリア、日本は3位につけている。

しかも最終予選の前半戦では、中東の国に対してホームでの試合が続くが、それは最終予選で最も厳しいと中東とのアウェーの試合が控えていることでもある。
中東アウェーの試合は一般に思われているよりもずっとハードで、不慣れな気候や劣悪な環境、中東の笛とも戦わなければならず、ベストパフォーマンスを出すことはほぼ望めないからだ。

今でこそ、そこまで酷いことは減っているらしいが、90年代までは日本代表の練習場に意図的に画鋲が巻かれていたり、泊まっているホテルでサポーターが夜通し騒音を出し続けたりとまさに敵地という扱いを受けていたらしい。

f:id:hogehoge223:20161114202359j:plain

実際に2013年のヨルダン戦では、日本代表選手が観客から度々レーザーを照射されるなどして実力を発揮できず、ホームで圧勝しているヨルダンに敗れているなど波乱がつきものだ。

15日の試合は1位のサウジアラビアをホームで迎えることになるが、これに勝たなければ2位以内に入れないし、負ければ3位以下で中東アウェーに乗り込むという最悪の展開になる。
もし負けて、オーストラリアも順当に勝利すれば、日本代表のワールドカップ出場の可能性は50%を切ることになるだろう。

アジア枠について余談

f:id:hogehoge223:20161114203332j:plain

アジア枠4.5でも甘くはないと説明したが、客観的に見ると最もおいしい地域であることは間違いない。

2000年代以降でワールドカップベスト16以上に進出したのは日本、韓国、オーストラリアだけ。
しかも2014年に至ってはアジア勢は1勝もできずに敗れ去っているように、アジアのレベルは世界的に見るとまだまだ低い。

1998年まではアジアの出場枠は3.5だったのだが、2002年は日韓共催でどちらにも出場権が与えられたことで、日韓除いて出場枠が2.5で実質的に4.5に。
その2002年大会で日韓が決勝トーナメントに進出したことを受けて、枠を増やして良いんじゃないのかということで4.5枠が定着して今に至っている。

ただ2014年の惨敗を受けて4.5枠は多すぎるんじゃないのか?という意見も多くなっている。

ロシアワールドカップでは4.5枠を維持できたが、今回も全敗なんてことになれば3.5枠に減らされる可能性はあるだろう。
もっともアジアはマーケットとしておいしいから維持されているなんて声もあったりして実際のところはわからない。

サウジアラビア代表について

f:id:hogehoge223:20161114203710j:plain

サウジアラビア代表は立ち位置的にはアジアの古豪だ。

アジアカップでは1984年、1988年、1996年に優勝しているが、ここのところはグループリーグで敗退していて決勝トーナメントにも進めていない。
ワールドカップには1994年にベスト16に進んでいるが、2006年のグループリーグ敗退からワールドカップから遠ざかっている。

最終予選で同じブロックになった時にもそれほどサウジアラビアの評価は高くなかったが、現在は4戦終わって3勝1分と絶好調でグループBの首位になっている。
特に日本が初戦ホームで敗れたUAEに3-0で勝つなど、今最も勢いのある国だろう。

さすがにサウジアラビアの選手の一人ひとりのクオリティまでは抑えていないので、どんな特徴があるのか調べてみたところ、フォワードの選手はタレント不足だが、2列目以降の選手は充実しているらしい。その点では日本と似ているのかもしれない。

疑惑のタイ戦

f:id:hogehoge223:20161114205322j:plain

ここまで4戦無敗のサウジアラビアだが、グループB最下位のタイとの試合は疑惑の判定によって勝利したと言われている。
フルでの試合は見ていないが、タイ視点で「サウジアラビア戦のアンフェアな審判」と名付けられた動画があったので見たところ、確かにタイにとって酷い判定が続いているように見える。

試合のダイジェストが書かれたメディアを見たところ、ハンドが見逃されるなどして2度のPKのチャンスを奪われ、逆に軽い接触でPKを取られて、それが決勝点となりタイが1-0でサウジアラビアに敗れたとのこと。
これもあってサウジアラビアは実力自体は大したことはないのではないか?という意見もある。

監督はオランダをW杯準優勝に導いた名将

f:id:hogehoge223:20161114210022j:plain

先日対戦したオマーンの監督は元サウジアラビアの監督だということが報じられていたが、現在の監督はベルト・ファン・マルワイクという人で、2010年の南アフリカワールドカップではオランダを準優勝に導いた名将だ。
2012年のEUROで予選敗退になったことで解任されたが、実績的にアジアの監督でトップなのは間違いない。

かつて小野伸二が所属していたフェイエノールトの監督をやっていたり、南アフリカワールドカップで同じグループだった日本代表の岡田監督に握手を求められたときに「お前は面倒なやつだ」と侮辱的な発言をしたとして問題になったりと、それなりに日本に縁のある監督でもある。

日本代表の低迷

f:id:hogehoge223:20161114210918j:plain

南アフリカワールドカップ以来、日本代表の顔として君臨してきた本田圭佑、香川真司、長友佑都、岡崎慎司らは現在所属クラブで出場機会を失っていて、代表でのパフォーマンスでも目に見えて落ち始めている。
特に本田や長友らは30代となり、年齢的にピーク過ぎ始めていて、なかなか本人の努力でパフォーマンスを戻すのは難しくなっている。

かつて輝きを放った香川はもはやアジアレベルですら完全にチームから消えてしまうなど、その面影はまるでない。
圧倒的な求心力を誇った選手たちが相次いで低迷したことで、日本代表は今踊り場を迎えている。

彼らがピークを迎えていたザックジャパンの時代には、オーストラリアや中東アウェーでは苦戦することはあったが、ホームで戦ったときにはほとんど問題なく圧勝していたし、地力ではアジアの中でも頭一つ抜けていた。
それが今ではホームでUAEに敗れたり、イラクに延長後半のアディショナルタイムで薄氷の勝利を収めるなど、アジアの中堅国にすら苦戦を強いられるようになるとは、当時思ってもみなかった。

ところで最終予選初戦のUAE戦で敗れているが、現在の予選方式になってから初戦で敗れた国は一度もワールドカップに進出していないというデータがある。
今も出場圏外にいるし、これまでになく出場が危ないW杯予選になっている。

世代交代の波

一方で良い材料としては、世代交代が確実に進みつつあることだ。

清武弘嗣

f:id:hogehoge223:20161114211607j:plain

ハリルホジッチ体制ではトップ下の指定席は香川だったが、最近では清武弘嗣がほぼスタメンとして定着している。
今では攻撃の起点となっており、清武のいない日本はサングラスのないタモリくらいに味気なくなる。

結構気が強そうに見えて、臆病なメンタルが弱点だと本人も認めていたのが、最近では自信を持ってプレーしているのでメンタル的な成長が著しい。

原口元気

f:id:hogehoge223:20161114211826j:plain

かつてチームメイトのおふざけにキレて脱臼させる大怪我を負わせたり、監督の采配に腹を立てて物を蹴っ飛ばしたりと典型的な問題児だったが、最近ではそれも鳴りを潜めて、ワンランク上の選手になった。
サイドからカットインしてシュートまで運ぶプレイが十八番で、ドイツのヘルタ・ベルリンでは監督からの信頼も厚く、レギュラーとして活躍している。

最終予選でもタイ戦・オーストラリア戦でゴールを決めるなど、最も得点の臭いがする選手に成長した。

ハンパない大迫勇也

f:id:hogehoge223:20161114212238j:plain

この人は中西隆裕で大迫勇也ではない。
全国高校サッカーで対戦した中西隆裕の名言「大迫ハンパないって」は未だにテレビでもネタにされて、大迫勇也は知らないけど「大迫ハンパない」は知ってる人が多い。
先日のオマーン戦でも「ハンパない」の横断幕があったし、2013年の欧州遠征でも中西隆裕の顔写真がプリントされた旗が舞っていた。(もう許してやれよ…)

f:id:hogehoge223:20161114212620j:plain

大迫はこの通りハンパないフォワードで、足元の上手さはもちろんのこと、日本人としては珍しくポストプレーができてボールを収められるという特徴がある。
先日のオマーン戦でも2ゴールをあげる大活躍で、体を張ってボールを収める攻撃スタイルはこれまでの代表に見られなかった形だ。
おそらくサウジアラビア戦のワントップには大迫が入るはず。


とまあ、このようにロンドン五輪世代が着実に代表のエースになりつつあり、世代交代が進んでいるのはポジティブに捉えて良いところ。
ただアジア最終予選の最中に世代交代の途上というのはちょっと遅過ぎで、新しい選手を試しながら本番を戦わないといけないので、やってみたはいいけど全然ハマらなかったというリスクをはらんでいる。

サウジアラビア戦の放送予定

グループB首位であるサウジアラビアとの重要な一戦は11月15日(火)の19:35頃にキックオフ予定。
テレビ放送は19:00からテレビ朝日系列で生中継されるので、お見逃しなく!

負けたらホントにシャレにならないので、良くも悪くもこれまでにない緊張感が楽しめる最終予選になっている。
ゴトーもテレビの前から精一杯応援する予定だ。

スタメン速報!

スタメンが発表されたので紹介する。

◯ GK
西川周作 (浦和レッズ)

◯DF
吉田麻也(サウサンプトン)
森重真人(FC東京)
酒井宏樹(マルセイユ)
長友佑都(インテル)

◯MF
山口蛍(セレッソ大阪)
長谷部誠(フランクフルト)
清武弘嗣(セビージャ)

◯FW
久保裕也(ヤング・ボーイズ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン)
大迫勇也(ケルン)


長友は久々の出場、久保裕也はかなりチャレンジングな起用となっている。
大迫がやはりワントップとなっていて、得点に期待したい。