読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KNOCK OUT(ノックアウト)はブシロードが手がけるキックボクシングイベント。その期待と不安を語ってみる。

キックボクシング 格闘技
広告

どうも、ゴトーだ。

f:id:hogehoge223:20170208081817j:plain

俺は三度の飯よりキックボクシングが好きでな。
K-1や海外キックボクシングイベントの紹介をこれまで行ってきたが、12月に旗揚げされたKNOCK OUTというイベントがとても素晴らしいので紹介したい。

このイベントはこれまでの格闘技の商慣習を打ち破り、本物の試合を提供する日本の新しいメジャー舞台になることに期待している。

KNOCK OUTとは

f:id:hogehoge223:20161116191923j:plain

KNOCK OUT(ノックアウト)というイベントについてまずは紹介していきたい。
「KNOCK OUTだと検索がヒットしづらいけど大丈夫か」という余計なお世話を思いついてしまうが、シンプルで良いネーミングだと思う。

KNOCK OUTいうイベントはキックボクシングの試合を行う新興格闘技イベントで、ブシロードが運営している。
ブシロードといえば、テレビ東京のアニメのCMで流れるヴァンガードなどのトレーディングカードゲームのイメージが強いが、新日本プロレスを買収するなど最近は格闘技にも乗り出しているらしい。

格闘技団体を異業種の企業が運営するというのは国内だとあまりイメージはないが、UFCを運営していたズッファ社はカジノホテルの経営が元だったり、Bellatorもバイアコムという大企業が運営しているので、海外のメジャー団体では割と一般的な流れでもある。
格闘技というと黒い噂がつきない業界だから、ブシロードのような異業種の企業が入ってくるのは望ましいことだとは思う。

ブシロードの資金力がバックにあるからか、有力選手を創立段階から確保していて、なおかつ割りと大きめの会場でイベントを開催する予定ということで、キックボクシングファンから高く注目されている。
もっとも一般メディアでは見かけないし、世間的にはまだまだ認知されていないというのが現状だろう。

キックボクシングとは

f:id:hogehoge223:20161116193359j:plain

キックボクシングという競技は日本でも海外でもマイナースポーツだ。
同じ格闘技でいうとボクシングは世界的に行われていてオリンピック種目にもなっているし、総合格闘技はUFCの影響で競技人口がかなり増えてきている。

K-1が日本や韓国で人気を得たが、それによってメジャースポーツになったという実感もなく、身の回りでキックボクシングをやっている人に出会ったこともないから、おそらく競技人口は少ないのではないか。K-1もスポーツとして人気が出たというより、イベントとして人気が出たから一過性のものに過ぎない。

そもそもK-1が実質的にキックボクシングだったということ自体あまり知られていないんじゃないのかとすら感じる。
俺のオカンくらいの世代だと「真空飛び膝蹴りの沢村忠」のイメージが強くて、毎週よく分からない外国人選手をつれてきては真空飛び膝蹴りでKOするうさんくさい競技という認識があるかもしれない。(別にキックボクシングを揶揄しようという意図はない)

謎の団体乱立と複数のルール

キックボクシングにおいて最も理解が難しくなっている要因は、団体の乱立と複数のルールが混在していることだと考えている。

ボクシングでさえ4つの世界団体が存在していて、どの王者が強いのかどうかわからないと言われているが、キックボクシングに至っては10や20に飽き足らず、おそらく世界で合計したら100以上の世界王者が存在しているはずだ。
もはや「WPMF世界王者」とか言われてもそれが凄いのか凄くないのか、定期的にチェックしている筆者ですらサッパリわからない。

複数のルールとは主に2つの方向性に分かれていて、「肘・首相撲あり」と「肘・首相撲なし」の2つだ。
(首相撲とは相手の首をグローブで掴みながら、膝蹴りなどを腹や顔面に打ち込む技のこと)

おそらく皆さんがよく知っているであろうK-1は後者の「肘・首相撲なし」を採用している。
これは肘は相手の額や目元をカットさせるために使われることで流血が多く、テレビ向きではないと言われており、首相撲に関してもあまり詳しくない人からすると膠着しているよう見えるから、これまたテレビ向けにルールから排除している。

ただ、もともとキックボクシングというのは日本の空手家がムエタイを倒すために生み出した競技ということで、本来は「肘・首相撲あり」が当たり前のものだった。
それがK-1を始めとしたエンターテインメント色の強い団体によって段々と排除され、今では「肘・首相撲なし」がスタンダードになりつつある。

それにしても、キックボクシングはこのような背景情報を知らないと、その興行がどんな特性を持ったものなのかが理解できず、なかなか一般受けするのが難しい状況になっているのが痛いところだ。

KNOCK OUTは肘・首相撲ありを採用

f:id:hogehoge223:20161116195618j:plain

そんな中、KNOCK OUTは「肘・首相撲あり」の方のルールを採用している。
最近の潮流からすると見慣れないもので、最初はなぜかと思ったが、その要因は対戦カードを見てすぐに分かった。

後ほど詳しく紹介するが、KNOCK OUTの対戦カードは全て「日本人対決」か「日本人vsタイ人」という構図になっている。
K-1はヨーロッパから多くの選手を呼んでいることを見ると、やはりこれも対照的だ。

先程も説明したように、「肘・首相撲ありルール」の根幹には打倒ムエタイという始まりがある。
ムエタイは肘や首相撲を認めているどころか、それをメインに戦う選手もいるくらい、いかにもなムエタイ感がある。

KNOCK OUTはその打倒ムエタイのルーツを辿る団体で、比較的大きな規模の大会としてはかなり異例な取り組みと言える。
どうしても大衆に見せる時にはわかりやすく削ぎ落とさなければならないが、KNOCK OUTはありのままを届けようとしているのだろう。

手売りチケット禁止、試合数削減など挑戦的な試みも

KNOCK OUTは打倒ムエタイというキックボクシングのルーツを辿っている一方で、これまでのキックボクシング業界の暗黙の了解にも切り込んでいるのが特徴だ。
それが「手売りチケット禁止」と「試合数削減」だ。それぞれ紹介していこう。

手売りチケット禁止

キックボクシングに限らず格闘技のマイナー団体は、キックボクシングに直接関わりのない一般のファンがチケットを購入することが少なく、出場する選手が自ら知り合いに営業をしてチケットを売ることで、会場に一定の観客を集めているという実態がある。

そのため選手の実力よりも営業力の方が評価されることも少なく、選手も本業やアルバイトに加えて、チケットの手売りをすることでますます練習時間が削られてしまうという問題があった。

そこでKNOCK OUTでは選手による自発的なチケットの手売りも一切禁止し、プレイガイドによる一般販売のみによる販売を採っている。

格闘技業界の商慣習を覆す画期的な方法である一方、チケットの売れ行きが心配されたが、初回大会は無事に東京ドームシティホールを満員札止めにする順調な売れ行きとなった。

試合数削減

これまたキックボクシングの慣習として、一つの興行の中に、タイトルマッチのようなハイレベルな試合もあれば、デビュー戦同士の新人選手の試合も混ざっていて、一つの興行で10試合以上が行われたりと、間延びしやすい傾向にあった。
それゆえ観客は見たい試合が終わったり、途中で飽きて帰ってしまうことも少なくないため、KNOCK OUTではチャンピオンクラスの選手を厳選し、名実ともに有力な選手のみの試合を6試合前後提供するという方式を取っている。

観衆に高い集中力を求めず、気楽に観戦できて、それでいて密度の高い試合が行われるという興行を求めているようだ。
これも初回大会では見事に功を奏し、6試合中5試合がKO決着だったため、非常にスムーズでストレスのない興行となった。

初回大会は神懸かり的な成功

f:id:hogehoge223:20170102213309j:plain

この記事を書いている現在では、KNOCK OUTは初回大会の「vol.0」を開催している。
この大会は2016年12月5日に東京ドームシティホールで行われた。

興行のメインは、ラジャダムナン現役王者である梅野源治と、キックボクシング史上最高の才能と呼ばれる那須川天心による両選手の試合だ。

KNOCK OUTは決して顔見せ的な試合をすることないのが特徴でもある。
梅野の相手は元ラジャダムナン2階級制覇を達成したシリモンコン・PKセンチャイジム。
那須川の相手は現役ルンピニー王者であるワンチャローン・PKセンチャイジムとなっている。

那須川が下馬評を覆す衝撃KO!

那須川の実力はもはや疑いようがないが、これまで肘ありルールを経験したことがなく、そのルールで百戦錬磨のワンチャローンを相手にすればさすがに分が悪いと思われていた。

しかしいざ蓋を開けてみれば、スピードと攻撃のキレでワンチャローンを圧倒し、左ストレートでグラつかせ、最後は狙いすましたバックスピンキックでワンチャローン失神させ、誰も予想していなかった衝撃的なKO勝利となった。

那須川はこの試合の勝利を手土産に、年末のRIZINに参戦。
異例の3日で2試合をこなすスケジュールの中、2試合連続KO・一本勝利となった。

梅野源治が盤石の強さで完勝

梅野は試合後に明かしたことだが、2ヶ月前のラジャダムナン王座を獲得した試合の故障が完全に癒えておらず、今回は本調子からは程遠い状態だった。

それでもKNOCK OUTのエースという自覚と、ホームの利を活かして、ラジャダムナン2階級王者のシリモンコンを終始攻め立て、全く危なげなく5R判定勝利を飾っている。
KOできなかったことについて反省の弁を述べていたが、派手さはなくとも確かな実力で「本物の試合」を見せてくれた。

日本人がタイ人に全勝、6試合中5試合がKO決着

この他の4試合は全てKO決着で、全6試合の内、5試合がKO決着と素晴らしい内容となった。

また「日本人 vs 強豪タイ人」の試合が4試合組まれており、日本人が負け越す可能性が高かった中で、終わってみれば日本人が全勝し、うち3つがKO勝利と、何もかも神懸かった大会だった。

大衆に媚びることなく本物の試合を提供することは、一方で観客が望んだ結果にならない可能性をはらんでいるが、KNOCK OUTの初回大会に関しては全くの杞憂だったようだ。

KNOCK OUTへの期待と不安

ここでようやく本題に入りたいと思う。

ここまでちゃんと読んでくれたありがたい読者の方ならお気づきかもしれないが、KNOCK OUTというのは良くも悪くも大衆に迎合せず、レベルの高い真剣勝負を届けるところにある。

過去のK-1とは違って、話題先行型の試合は組まれず、また短期的にはデメリットの大きな手売りチケット禁止など、中長期的な目線でイベントを考えているのも特徴だ。

その点については素直に応援したい一方で、懐疑的な考えがないわけではない。
実は筆者はこれまで陸上に取り組んできているので、それに絡めて説明していきたい。

選手のレベル ≠ イベントの人気

陸上競技において世間から最も注目されるのはオリンピックではなく箱根駅伝だ。
2日間にかけて合計12時間以上という非常に長いテレビ放送ながら、視聴率は28%ほど稼ぐモンスターイベントである。

しかし冷静に考えてみると箱根駅伝は他の駅伝大会と比べて格別にレベルが高いわけではない。
なぜなら箱根駅伝は「日本一の大学を決める大会」ではなくて、実態は関東学連主催の関東のみが対象の地方大会でしかないからだ。
(名目上は「全日本大学駅伝」が日本一の大学を決める駅伝大会となっている)

そして狭き門のように思われるが、20校が出場できて10区間あるので実は200人も出場できる。
関東で200人が出場できる大会と聞くと、世間的なイメージとは裏腹にさほど狭き門ではないことが分かるはずだ。

しかしながら歴史的な経緯やテレビのバックアップもあって、箱根駅伝を上回る陸上イベントはおそらく世界中探してもないだろう。
つまり何が言いたいのかというと、陸上のような長い歴史がある競技でも、選手のレベルと世間からの関心というのはさほど比例しないということだ。

筆者が思うに「スポーツの楽しさ」というのは競技レベルの高さではなくて、そのスポーツを通じてどれだけ周りの人と熱や話題を共有できるかだったり、そのイベントのスケールに非日常を感じられるかであったり、そういった曖昧なところにあるのではないかと考えている。

その点から見るとKNOCK OUTのイベントはやはりコンテクストが大きく、格闘技ファン以外にも知られている選手はほとんどいない。
筆者のような個人ブロガーでもKNOCK OUTの良さを紹介するのに、回りくどい説明が必要になってしまったが、これが一般メディアだったなら取り上げてくれる媒体が少なくなってしまうのは想像に難くない。

そういった状況では、KNOCK OUTの熱を一般層へ広げるのはやや骨が折れるのではないかと感じてしまう。

イベントの面白さに追求する姿勢には共感

この記事は何度か加筆修正しているのだが、当初は「KNOCK OUTは選手のクオリティの高さに傾倒していて、それではイベントとしての面白さにつながらないのか」というやや否定的な見解を乗せていた。

それについてKNOCK OUTの興行を行っている「キックスロード」の代表の方からツイートで反応を頂けたので、それを紹介したい。

まずは筆者のような名もなき個人ブロガーの意見にも、耳を傾けていただける代表の寛大さに敬意を表したい。

メディアでの報道やイベントのスタンスとして、KNOCK OUTは「本物志向」であることは間違いないが、このツイートを受けて、同時にイベントとしてのクオリティにも拘りがあることが分かった。
実際に初回大会では、専用に作曲されたオープニングテーマや勝利テーマが流れたり、選手紹介VTRもメジャー舞台さながらの感情移入できてクオリティの高い映像に仕上がっていた。

単に本物のキックボクサーの試合を見るための場ではなく、KNOCK OUTという興行が根幹にあり、その中の大きな核として「本物の試合」が存在するという位置づけなのだろう。

依然として残る課題

決して粗探しをしているわけではないのだが、それでもいくつかの課題は依然として残っている。
最も大きなものとしては「KNOCK OUTの権威が世間に通じるかどうか」だと感じている。

例えば、テニスを何も知らない人にアンディ・マレーと紹介する時に、「この人は世界ランキング1位の選手だよ」と伝えれば、それだけでマレーが強い選手で、日本人選手が勝てば大変な偉業であることがわかる。

それは格闘技で言えばボクシングが馴染みやすく、「ボクシング世界王者」と冠が付けば、その実情はどうあれ、その選手に世間的にも一定の権威が付けられることになる。

キックボクシングの場合、そもそも競技自体が浸透しておらず、世間的には「キックだけが許された格闘技」という認識がもたれることも多い。
「キックボクシング王者」と言えば何となく凄そうではあるが、「ボクシング世界王者」ほどピンとくる肩書ではないだろう。

その点で成功しているのがK-1で、K-1の実態は知らなくても「K-1王者」と聞けば、格闘技が凄く強い選手、という認識は格闘技ファン以外からも持たれている。

では現状で「KNOCK OUTで活躍している選手」「KNOCK OUT王者」(タイトルが設立されたとして)という肩書がついたところで、それが世間に権威として通用するかというと、残念ながらそうはいかないだろう。

ここで問題になるのは、いかにKNOCK OUTでの活躍が、それが世間に対する訴求力になりえないことで、「イベントの盛況→世間の関心度アップ」という経路が確保されないのではないかということだ。

それを解消するにはやはりマスのプロモーションが必要になるが、KNOCK OUTは知名度の高いエース選手がいないため、一朝一夕にそれを行うこともできないだろう。
もちろん、この問題があるからといってイベントが失敗する、というわけではないが、世間に広く認知されるようになるにはまだまだ時間がかかるだろうということで挙げさせてもらった。

KNOCK OUTを見る方法

f:id:hogehoge223:20170102223733j:plain

最後にKNOCK OUTを視聴する方法について紹介したい。
大まかに分けて「現地観戦」「MXテレビ」「スポナビライブ」の3つになるので、それぞれ説明していこう。

現地観戦

KNOCK OUTは「チケットぴあ」と「ローソンチケット」でチケットを取り扱っている。
それぞれネットで申し込みできるほか、コンビニの券売機を使って簡単に購入することができる。

公式サイトにて購入方法が詳しく掲載されているので、そちらを参照すると良いかもしれない。

MXテレビ

KNOCK OUTはレギュラー番組と本大会がMXテレビで放送されている。

MXテレビは東京周辺地域でないとテレビでは見られないが、「エムキャス」というサイトでネット配信が行われているので、世界中どこからでも視聴可能となっている。

スポナビライブ

国内の大型動画配信サービスである「スポナビライブ」では、KNOCK OUTの生中継および見逃し配信が視聴できる。
スポナビライブではプロ野球や海外サッカー、テニスなど多岐にわたるスポーツ動画を配信しているのでおすすめのサービスだ。

まとめ

KNOCK OUTはまだ旗揚げされたばかりだが、キックボクシングに確実に新しい風を起こしている。
有力選手が次々と参戦を表明しており、今後ますます勢いを強めていくだろう。

格闘技業界はファンの新陳代謝が遅く、一般のファンがなかなか入ってこない状況にあるので、読者の方でこれまで余り格闘技を見てこなかった人が、もしKNOCK OUTに興味を持ってくれたら、きっと業界としても歓迎してくれるはずだ。

KNOCK OUTはちょっとお固いところはあるが、怖いイベントではないので、興味があれば会場に行くなり、ネットで視聴するなりしてみてほしい。