読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Fire TV Stick」と「Amazon Fire TV」の違いとは?どちらがオススメか解説してみた。

動画配信 Amazon ガジェット
広告

どうも、ゴトーだ。

f:id:hogehoge223:20170208081817j:plain

動画配信サービスを紹介するに当たって、Fire TV Stickをオススメすることが多いのだが、あまりこの製品を知らない人にとって、似たような商品が混在していることもあって、どれを購入してよいか分からないのではないかと感じていた。

そこでこの記事ではAmazonが販売している「Fire TV Stick」と「Amazon Fire TV」の2つの違いを解説し、用途に合わせてどちらがおすすめかを紹介している。
購入の際の参考になれば幸いだ。

Fire TVとは?

f:id:hogehoge223:20161228112735j:plain

まずこれらのデバイスはどんな時に使うものなのかを紹介したい。

端的に言うと、HuluやNetflix、YouTube、AbemaTVといったインターネットで動画を配信しているサービスの動画をテレビで簡単に見られるというもの。
その他にもこれらのデバイスに対応したアプリをインストールすることで、ゲームや音楽を楽しむこともできる。

基本的にはデバイス専用のアプリから動画を再生することになるが、スマホ画面をミラーリングすることも可能で、スマホやPCで見られている映像をそのままテレビで簡単に視聴できることがウリになっている。

こんな人にはオススメ!

  • Amazonプライム会員の人
  • 小難しい設定があると投げ出したくなっちゃう人
  • ネット配信の動画をリビングでゆっくりくつろぎながらテレビで見たい人
  • 外泊することが多く、ホテルでネット配信動画を見たい人

テレビへの接続

テレビに接続するにあたって特別な設定は必要なく、HDMI端子につないで、Fire TVをインターネットに接続さえできればすぐに利用することができる。

基本的にはHDMIの接続端子がついているモニターならば何でも良く、テレビがインターネットに接続されている必要はなく、テレビでなく普通の液晶モニターでも良い。

どちらか一方だけで良い?

Fire TV StickとFire TVはどちらもできることは同じなので両方の端末を購入する必要はない。

皆さん自身の用途に合わせて、どちらを購入するべきかをこちらの記事で詳しく紹介しているので、参考にして頂ければと思う。

Fire TV以外の製品は?

Fire TVと同じ用途で使われるものとして有力なのは、Googleによる「Chromecast」と、Appleによる「Apple TV」がある。
それぞれに特徴があるが、Fire TVが最もオーソドックスものになっている。

その理由としては、Fire TVは用途に合わせて2種類のデバイスを提供しており、価格も安く、専用のリモコンが付随しているためだ。

それでは本題に入り、Fire TVの違いを紹介していきたい。

外観の違い

まずFire TV Stickの画像はこちら。
文字通りスティック状のものが本体となっていて、リモコンはFire TV Stickを操作するための専用リモコンになっている。

Amazon Fire TVの画像はこちら。
Fire TV Stickよりも本体が大きく、ボックス型になっているのが特徴。


スペックの違い

実際に二つの製品の外観の違いを見てもらったところで、スペックを比較していこう。
外観から察せるように、Amazon Fire TVの方が高価で、スペックも高くなっている。

- Fire TV Stick Amazon Fire TV
価格 4980円
音声認識版は6480円
11980円
無線接続
有線接続
ストレージ 8GB(使用可能は4.5GB) 8GB(使用可能は4.5GB)
外部ストレージ 128GBまでのMicroSD対応
メモリ 1GB 2GB
CPU デュアルコア クアッドコア
最大画質 フルHD 4K画質
USBポート 充電用のみ 1つ
Bluetooth対応 ゲームコントローラー ゲームコントローラー
ヘッドホン、イヤホン
キーボード
マウス
一部サードパーティ製リモコン

価格

価格はStickが4980円、Fire TVが11980円と大分差が開いている。
これだけ見るとStickでしょ!となるかもしれないが、いくつか先に押さえておくべきことがある。

  • HDMIケーブルの有無
  • 音声認識リモコン付属かどうか
  • ゲームコントローラーを使う場合
HDMIケーブル

両デバイスともテレビに接続する時はHDMI端子に接続することになるが、Stickの方は本体自体がHDMI端子になっているのに対して、Fire TVではHDMI端子が付属していない点に注意。
HDMIケーブルは安いものなら500円ほどで購入できるが、余っているケーブルがない場合は、その値段も考慮に入れておこう。

音声認識リモコン

Fire TVのリモコンには音声認識機能がついているものがあり、リモコンに声を吹き込むことでAmazonプライムビデオを検索することができる。
(ただし、なぜかプライムビデオ以外では検索できないので注意!)

Fire TVには音声認識リモコンが付属しているが、Stickの場合は付属しているものと、していないものと2つのバージョンがある。
音声認識リモコンは別売りでは2980円だが、付属品だと+1500円になっている。

ゲームコントローラー

Fire TVではファイナルファンタジーやソニックといったゲームを遊ぶことができるが、それを操作するにはゲームコントローラーが必要になる。
コントローラーは専用のものが販売されているが、別途USBを通じてPlayStationやXboxのコントローラーを使うことができる。

ただしStickのUSBポートは充電用なので、コントローラーの接続用に使うことはできない。
一方で、Fire TVの方は充電用のポートが別に用意されているので、コントローラー用にUSBを使えるようになっている。

つまりStickでは専用コントローラーが必要になるが、これが結構高くて5980円もしてしまう。
家庭用ゲーム機のコントローラーを再利用すれば両者の値段差はほぼなくなってしまうので、ゲームを遊びたい人はStickよりもFire TVの方が良いかもしれない。

Amazon Fire TV ゲームコントローラー (音声認識機能付き)

Amazon Fire TV ゲームコントローラー (音声認識機能付き)

性能の差

スペック的に言うと、Stickのメモリが1GBに対して、Fire TVが2GB。StickのCPUがデュアル(2つ)コアに対して、Fire TVがクアッド(4つ)コアになっている。

具体的にはこれが以下のような違いとして現れるので、それぞれ見ていこう。

  • 動作速度
  • 最大画質の差
  • 遊べるゲームの違い
動作速度

Fire TV自体の根本的な応答速度に違いが出てくる。

イメージ的には、古いスマホだとホーム画面に移動するまでもたついたり、アプリの起動がスムーズでなかったりというものに近い。
アプリを起動させたり、動画を切り替えたりする場面で、Fire TVの方がスムーズに動作してくれる。

最大画質の差

Stickで出力できる画質はフルHDまでだが、Fire TVでは4K画質まで対応している。

もしも自宅のテレビが4K画質に対応していれば高画質な動画をみることができるが、そうでなければフルHDまでで十分だろう。

遊べるゲームの違い

Fire TVは高性能なのでハイエンドなゲームでも遊べるが、Stickは性能の問題から遊べないゲームがある。ストアを見る限り、全体の1/3ほどがStickだと遊べないようだ。

ちなみにStickだからといってカジュアルゲームしか遊べないわけではなく、ファイナルファンタジーなどはクラウドゲーミングに対応しているので、一部ハイエンドゲームを遊ぶことができる。
ただしそれ以外のゲームだと、Stickに対応していてもモッサリしてしまうことがあるので、ゲームではFire TVの方に分がある。

有線接続

Fire TVはインターネットに接続する時に、有線接続が可能になっている。
無線環境がない場所だったり、高速にインターネットに接続したい場合は有線接続があると良い。

Fire TVの一部ゲームは「クラウドゲーミング」になっていて、ゲームの処理はサーバーで行われ、映像がネットワーク越しにFire TVに送られてくるので、通信速度は快適にプレイする上で重要になってくる。

普段スマホやPCを無線環境で使用していて、動画配信サイトを問題なく利用できているのならさほど拘らなくても良いかもしれない。

ストレージ

本体のストレージ自体は同じ8GB(使用可能なのは4.5GB)だが、Fire TVの方はマイクロSDによって使用可能な容量を増やすことができる。
動画はダウンロードせず、ネットワーク経由でデータが送られてくるので、実は容量を増やさなくても普通に利用する分にはさほど困らない。

一方でゲームアプリなどをたくさんインストールしていると4.5GBの空き容量が埋まってしまうので、ゲームをたくさん遊びたい人はマイクロSD対応のFire TVを考慮する一つの材料になる。

ただし基本的には4.5GBの容量で十分なので、さほど気にする必要はないとは思う。

Bluetooth対応

改めてBluetooth対応デバイスの比較をすると以下のようになる。

- Fire TV Stick Amazon Fire TV
Bluetooth対応 ゲームコントローラー ゲームコントローラー
ヘッドホン、イヤホン
キーボード
マウス
一部サードパーティ製リモコン
ヘッドホン、イヤホン

テレビに直接ヘッドホンを接続しなくても、Fire TVの音声がヘッドホンに流れるので、映画やゲームをヘッドホンで楽しみたい人向けになっている。

キーボード、マウス

これらをベアリングすることで、PCのような感覚でFire TVを操作できる。
キーボードは文字を素早く入力するために、マウスはポインターを使ってリストの中からスムーズに選択するために使用する。

その他の情報

二つの製品の比較以外の情報で重要なトピックを紹介したい。

Fire TV Stickの発熱問題

Stickの方は長時間使用していると発熱し、動作が悪くなったり、不具合のもとになるとのレビューも見られる。
実際に発熱が起きるかは人それぞれのようで、発熱が起きるという人は1〜2時間ほど動画を再生していると発熱で動作が悪くなるようだ。

ただし多くの人は発熱問題は生じないので、さほど気にする必要はないかもしれない。
もしも発熱が起きてしまった場合は500円ほどで購入できるヒートシンクを装着すれば、解決するとのこと。

長時間利用する方は、潜在的なリスクとして捉えておくと良いかも。

スマホをリモコンにすることもできる

両製品とも専用のリモコンが付属しているが、スマホの専用アプリ(無料)をインストールして、本体と接続すればスマホをリモコン代わりにすることができる。

スマホを使うメリットとしては文字入力を素早く行えたり、音声認識を利用できること。
逆にデメリットとしては、いちいちスマホのロック画面を解除しなければならなかったり、手元においておかないといけないこと。

メリット・デメリットどちらもあるが、個人的にはスマホのロック画面の解除はかなり面倒に感じるので、専用リモコンの方が便利だと思う。

音声認識はプライムビデオのみ対応

音声認識の精度はかなり高くて、それほどハッキリ話さなくても適切に検索してくれるのだが、残念ながら音声認識に対応しているアプリがプライムビデオだけとなっている。

なぜプライムビデオ以外に機能を開放していないかという意図は分からないが、プライムビデオを視聴しない人は持て余してしまうので、音声認識なしのリモコンを選ぶようにしよう。

スマホやPC画面のミラーリングも可能

スマホやPCの画面をそのままテレビに映せる「ミラーリング」にも対応している。
Android端末の場合は標準機能でミラーリングできるが、iOSやmacの場合はFire TVの専用アプリを購入する必要がある。

概ね動作は安定しているが、たまに遅延が出てしまう事もあるようだ。

まとめ

これまで一つ一つ両デバイスの違いを紹介してきたが、最後に「こういう人はこちらがオススメ」という形式でまとめてみた。

こんな人にFire TV Stickがオススメ

  • 値段を安く済ませたい人
  • 部屋にスペースを取りたくない人
  • 持ち運びやすいので外泊が多い人

こんな人にAmazon Fire TVがオススメ

  • 4K画質のテレビを持っている人
  • 動画をサクサク見たい人
  • パイパフォーマンスのゲームをしたい人
  • 家庭用ゲーム機のコントローラーを使いたい人
  • アプリをたくさんインストールしたい人

皆さんの懐事情や、使いたいシーンに合わせて、どちらの商品を買うべきかの参考になればありがたい限り!

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV