読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【海外の反応】ダルビッシュ有のFA後の年俸は23億円を超える?海外の報道を翻訳してみた。

メジャーリーグ 野球 海外の反応
広告

どうも、ゴトーだ。

f:id:hogehoge223:20170208081817j:plain

俺は三度の飯より野球が好きでな。
もちろんダルビッシュ有もお気に入りの選手の一人だ。

今回は来年にFAになる可能性があるダルビッシュの契約にまつわる海外の報道を翻訳してみた。
レンジャーズの金銭問題も合わせて紹介することになる。

ダルビッシュの現状

f:id:hogehoge223:20161211205255j:plain

ダルビッシュは2012年に日ハムからレンジャーズにポスティングシステムによって移籍している。
契約内容は6年総額6000万ドルというものだったが、早いもので来年でその6年契約が満了する。

契約が満了した時点でダルビッシュはFAになるわけだが、仮にレンジャーズがFA以上の内容で契約したいとなれば年俸がかなり高騰すると見られている。

今回はそれを争点にした海外の報道を翻訳している。
ちなみにソース元は以下の記事だ。

www.star-telegram.com

翻訳内容

レンジャーズの資金問題はダルビッシュの再契約に影響しない

f:id:hogehoge223:20161211205709j:plain

アーリントンの納税者がテキサス・レンジャーズに約5億ドルを支援して、必要以上に贅沢な新しいスタジアムを建設することに同意した後、チームは給与を支払う余裕がないと言っています。

外野手、一塁手、先発投手が必要であるにも関わらず、レンジャーズは給与の支払いを理由にウィンターミーティングでは静かでした。

それは良くないものです。また歴史がそのような陳述が真実でないことを物語っています。

レンジャーズはしばしば給与を上げるつもりはないと主張し、オーナーであるレイ・デイヴィスやボブ・シンプソンは新しいプレイヤーの獲得に対してもあまり資金を投じてきませんでした。

彼らは他の場所、すなわちチームの給与以外の全てを削り、クラブの従業員の士気を大いに下げ、彼らの多くは球団を去ってしまいました。

デイヴィスとシンプソンは2010年に球団を購入した後、政府の請負業者のように馬鹿なことにお金を使ってきました。
レンジャーズがワールドシリーズに進出できなかったのは、支払いそのものに関係があるのではなく、彼らがどのように資金を投じてきたかが問題なのです。

過去5年間のうち4回、レンジャーズはMLBで年俸支払い額のトップ10に入っていますが、1度のワイルドカード進出、2度のディビジョンタイトルに留まっており、プレーオフでの勝利はありません。結果に結びついていないのです。

この二人はGMであるジョン・ダニエルズが何を考えようと、秋信守からプリンス・フィルダー、そしてダルビッシュ有も契約するべきです。

ダルビッシュはトミージョン手術による1年間離脱し、6000万ドル(約70億円)の契約による5年目のシーズンが終わろうとしてます。
もし彼がFAになった後は少なくとも5年契約で毎年2000万ドル(約23億円)を得ることになるだろう。

あなたがどう思おうと関係ない。これは起こり得るものなのだ。これが優秀な投手の価格なのである。
ダルビッシュは素晴らしいというほどではないが、優秀な投手であることに違いはない。

ブルージェイズとのアメリカンリーグのディビジョンシリーズ第2戦はボロボロでした。
5回で5被安打5失点4被本塁打、しかしこれも問題ではない。

良い投手というのは稀なもので、ジョン・ダニエルズは彼のことが大好きだし、トレードに出そうともしていない。
しばらくはレンジャーズに留まるだろう。

クリス・セールがトレードでホワイトソックスからレッドソックスに移籍したことで(※レンジャーズが獲得に失敗)、レンジャーズは彼がここに来て以来やってきたこと引き続きやってもらう他なくなった。

ダルビッシュの要求を先送りにした時、彼がフリーエージェントになったら球団を去るための言い訳にすることを彼らは恐れている。
歴史的に投手はアーリントン(※レンジャーズのホームグラウンド)から離れていくのだ。

アレックス・ロドリゲス以降、有と同じ程度の自由を与えられた選手はいません。
有がレンジャーズに残留したとしても、No2になれるような選手は早晩マイナーから上がってくることもないでしょう。