プロ野球選手2017年の年俸ランキング。山田、大谷らが大幅アップ!1億円超えの選手を一挙紹介。

広告

どうも、ゴトーだ。

f:id:hogehoge223:20170208081817j:plain

俺は三度の飯より野球が好きでな。
将来はよく野球選手になりたいなんて言っていたものだ。

ところで今まさにプロ野球の契約更改が行われているが、2017年の年俸がどうなっているのか気になって調べてみた。
何だかんだ言って野球は花形スポーツなのだと分かる結果になっている。

契約更改とは

f:id:hogehoge223:20161201212650j:plain

プロ野球の契約更改は毎年11月上旬あたりから、契約の切れた選手に対して順次行われる。
ただし複数年契約の契約期間中の選手は行わない。

選手の活躍に応じて年俸が提示され、それに不満なら保留して2度目の交渉を行うことができる。
ただし保留にする選手は少なく、年間5人くらいしかしない年もある。

何年にも渡ってゴネると、ネットで「銭闘員」「ゴネラー」として揶揄されることもある。

選手は個人事業主

選手は球団の職員として所属するのではなく、個人事業主として契約しているので将来の保証は一切ない。

個人が確定申告しなければならないが、そのせいで1997年に一流選手が多数関与した脱税事件が発生した。
その中には宮本慎也や小久保裕紀といった名球会クラスの選手が含まれていて、今考えるとすごい事件だった。

野球選手の年俸高騰

f:id:hogehoge223:20161201213833j:plain

プロ野球選手の年俸は全体的に上昇傾向にある。
というか往年の名選手の年俸を見ると「マジか!」となるくらいに安い。

現役選手の年俸は以下に示すので後で比較してほしいのだが、初めて1億円プレイヤーになったのは落合博満で、それもゴネラーになって初めて突破したくらいだ。
落合が現代にいれば間違いなく5億円を超えているが、それでも破格の年俸と言われていた。

ちなみに王貞治の生涯年俸は7億9824万で単年の最高は8160万円、長嶋茂雄は生涯で4億5440円、単年の最高は4920万円らしい。
いくら物価が違うとはいえ、現代換算では相当安いのが分かる。

長嶋茂雄の年俸推移、王貞治との比較。現在なら年俸いくら⁉︎ | net〜甲子園。 〜青春の続き〜

理由としてはFAの活発化やメジャーリーグへの流出など、選手の移動が活発になったことで、ちゃんと年俸を適正にしないといけない状況になったかららしい。

減額制限

契約更改では「減額制限」というものがあり、皆さんもメディアの報道で目にしたことがあるかもしれない。

これは元の年俸が「1億円以下なら25%」「1億円を超える場合は40%」までしか1年間で年俸を引き下げてはいけないというもので、仮にこれよりも低い額を提示して選手が納得しなかった場合は、自由契約となって12球団のどことでも契約できる権利が得られる。

ただしこれを制限を超える減額を食らった選手はもれなく、まともな活躍をできなかった選手なので、提示額に納得しなかった選手はいないはず。

ちなみにプロ野球ではFA権を保有しない限り、通常では12球団のどことでも契約することはできない。
そのため減額制限を超える提示をされない限り、選手は引退するか球団と契約するかの2択しかない。

どうしても選手が納得できない場合は「年俸調停」というものがある。

推定年俸

プロ野球の主力選手は契約更改後に記者会見を行うのが通例となっていて、そこで契約の内容を「何となく」公表することになっている。
これがいわゆる推定年俸というものだが、実は的外れの金額のことはあまりなくて、ピッタリ同じということもあるらしい。

今まで勝手にメディアが勝手に付けてるんだろ…と穿って見ていたが案外そうではないらしい。

2017年シーズンに1億円超えの選手を紹介

さて契約更改に関しておさらいしたところで、2017年シーズンにおいて年俸1億円以上貰っているリッチマンを一挙に紹介する。

※ドル建て契約の選手は1ドル110円換算

選手 所属 守備 年俸 変動
メヒア L 内野 5億+出来高 +2億
金子千尋 Bs 投手 5億 --
サファテ H 投手 5億 --
糸井嘉男 T 外野 4.5億 +1.7億
中村剛也 L 内野 4.1億 --
岸孝之 E 投手 4億 +1.75億
和田毅 H 投手 4億 --
攝津正 H 投手 4億 --
松坂大輔 H 投手 4億 --
バンデンハーク H 投手 4億 --
松田宣浩 H 内野 4億 --
鳥谷敬 T 内野 4億 --
坂本勇人 G 内野 3.5億 +1億
メッセンジャー T 投手 3.5億 +5000万
中島裕之 Bs 内野 3.5億 --
山田哲人 Y 内野 3.5億 +1.3億
バレンティン YS 外野 3.3億+出来高 -3000万
内川聖一 H 外野 3.3億 --
ジョンソン C 投手 3.3億 +1.9億
山口鉄也 G 投手 3.2億 --
レアード F 内野 3億+出来高 +2億
筒香嘉智 De 外野 3億 +2億
平野佳寿 Bs 投手 3億 --
中田翔 F 内野 2.8億+出来高 +3500万
大谷翔平 F 投手 2.7億円 +7000万
阿部慎之助 G 内野 2.6億 -6600万
涌井秀章 M 投手 2.5億 +3000万
菅野智之 G 投手 2.3億 +1億
ロペス De 内野 2.3億 +8000万
福留孝介 T 外野 2.3億 +3000万
長野久義 G 外野 2.25億 +5000万
増井浩俊 F 投手 2.2億 --
村田修一 G 内野 2.2億 -8000万
クルーズ G 内野 2.2億 --
秋山翔吾 L 外野 2億+出来高 +5000万
則本昂大 E 投手 2億 +5000万
長谷川勇也 H 外野 2億 --
今江年晶 E 内野 2億 --
内海哲也 G 投手 2億 -2億
山口俊 De 投手 2億 +1.2億
メンドーサ F 投手 1.9億+出来高 -1000万
川端慎吾 S 内野 1.6億 --
ゲレーロ D 内野 1.5億+出来高 --
澤村拓一 G 投手 1.5億 +5000万
大島洋平 D 外野 1.5億 +6000万
藤川球児 T 投手 1.5億 --
成瀬善久 Y 投手 1.44億 --
丸佳浩 C 外野 1.4億 +5000万
能見篤史 T 投手 1.4億 --
館山昌平 Y 投手 1.2億 --
平田良介 D 外野 1.2億 +5000万
山井大介 D 投手 1.2億 --
藤田一也 E 内野 1.1億 --
エルドレッド C 内野 1.1億 +1000万
マテオ T 投手 1.1億 +3500万
マーティン F 投手 1億 +2000万
西川遥輝 F 外野 1億 +3800万
中島卓也 F 内野 1億 +2000万
菊池雄星 L 投手 1億 +4500万
炭谷銀仁朗 L 捕手 1億 --
嶋基宏 E 捕手 1億 -1000万
久保康友 De 投手 1億 -2000万

出来高とは?

基本給の他に選手の出来高が加えられることがある。
これは例えば「20本打ったら3000万円プラスしますよ」というように、選手に達成してほしい目標を課して、それをクリアしたら上乗せするものだ。

メリットとしては、選手は年齢重ねるたびに基本給が上がる傾向があるのだが、出来高を乗せることで基本給を抑えることができる。そして何より活躍しなかった時に支払う額が小さくて済む。

あくまで球団の懐事情によって付けられることが多い。

注目選手

筒香嘉智 3億円 (↑2億)

f:id:hogehoge223:20161202182920j:plain

一昨年からブレイクしたものの、タイトルこそ獲得できなかったが、今年さらにブレイクし、本塁打王・打点王の2冠王に輝いた。
年俸も1億円から3億円へ一気にジャンプアップして話題となった。

松井秀喜以来の超大型スラッガーがついに誕生した年でもある。
WBCでは誰もが認める4番候補だが、なぜか小久保監督が頑なに中田翔を4番に置いている。

山田哲人 3.5億円 (↑1.3億)

f:id:hogehoge223:20161202183331j:plain

史上初の2年連続トリプルスリーを達成したスター選手。
高卒7年目での年俸3億円超えはイチローと並んで最速記録。

打撃だけでなく、守備・走塁も一流という奇跡的な選手。
特徴的なバッティングフォームをしているが、ヤクルトの廣岡がメタモンか、というくらいにコピーしている。

大谷翔平 2.8億円 (↑0.8億)

f:id:hogehoge223:20161205092631j:plain

前例のない二刀流を人々の想像を遥かに超える結果で応えた、生ける伝説。
今年は史上初の複数ポジションでのベストナイン獲得、そしてパ・リーグMVPにも選ばれたことから、大幅アップが期待された。

3億円超えは確実と思われたが、案外しょっぱい2億7000万円に終わった。
年俸の推移はほとんどダルビッシュと同じものになっていて、それを踏襲しているのかもしれない。

2016年のプロ野球は大谷のシーズンと言っても過言ではなかったからもう少し高くても良かったんじゃないかと思うが…。
2億7000万円でも安く感じるこの男の凄さを改めて感じる。

貰いすぎリスト

松坂大輔 4億円

f:id:hogehoge223:20161201221739j:plain

メジャー帰りのレジェンド投手。

4億×3年の総額12億円でソフトバンクに入団したが、オープン戦後に右肩痛を訴えて、結局内視鏡手術を行う。

結局2015年は一度も登板せず、2016年10月に1度だけ二軍登板したが、1回投げて与四死球4、暴投1の5失点(自責点2)という散々たる内容だった。
それでも来季まで年俸4億円が保証されている。

中島裕之 3.5億円

f:id:hogehoge223:20161201222112j:plain

西武で松井稼頭央の後釜として完璧な活躍をして、WBCの2連覇に大きく貢献した選手。
その後、アスレチックスとそれなりに高い契約を交わしたが、結局3年で一度もメジャーの試合には出場せず日本人内野手の評価を大きく落とした。

メジャー帰りで年俸3.5億円の3年契約という破格の年俸だったが、さほど活躍していない。
だが松坂ほどではなく、コンスタンスに出場はしている。

鳥谷敬 4億円

f:id:hogehoge223:20161202182432j:plain

違反投一球でも打率.280~.300を必ず打ち続け、ミスのない守備を淡々とこなすまるで野球ロボのような男もついに成績が低迷してきた。
2016年は打率.236、本塁打7、打点37と低迷。連続試合出場記録も危ぶまれたが何とか継続している。

海外FA取得時にメジャーへの移籍を決意したが、日本人内野手の評価はだだ下がりで、条件面で折り合わずに阪神残留。
その時に4億×5年という大型契約をかわしており、あと3年間4億円が保証されている。

金子千尋 5億円

f:id:hogehoge223:20161201222631j:plain

まさか金子千尋がここに入ってくるとは思ってもいなかった。

2010年代では最高の投手の一人で、2014年には最多勝、最優秀防御率、MVP、沢村賞など賞を総なめにし、メジャー移籍も視野に入れていたが、右肘の手術をしたことで残留を決定。
2015年はわずか7勝に終わったが、年俸は現状維持の5億円かつ複数年契約。

2016年は7勝9敗と負け越したが、複数年契約のために5億円を貰うことになる。
手術をして以降、目に見えて投球内容が悪くなっており、もはやピークを過ぎたという見解が多数。

クルーズ 2.2億円

f:id:hogehoge223:20161201223344j:plain

メジャーでも指折りの名手と呼ばれ、2015年にゴールデングラブ賞受賞。(しかしUZRはマイナスだった)

ロッテ時代は年俸8500万円だったが、金満の巨人が2.2億円の破格の契約で獲得。
元からそれほど打つ選手でもなく、打率.252、11本塁打とどこにでもいるレベルの成績だった。

さらにクライマックスシリーズ直前にチームへの造反行為で登録抹消され、退団すら噂された。
結局反省して退団は免れたが、2.2億円の働きはしていない。

中村剛也 4.1億円

f:id:hogehoge223:20161201224420j:plain

松井秀喜以降では日本人最高のホームランバッター。
6度の本塁打王に輝いていて、規定打席に到達した年は全て本塁打王という凄い男。

基準違反統一球で、ロッテで誰も2桁本塁打を打てなかった年に、異次元の48本塁打を打つなど振り返ってみると規格外の選手だった。

しかし2016年は下半身の怪我もあって、打率.238、本塁打21と低迷。
本人も「最低、最悪。なかったことにしたい。」と語っていたが、意外にも現状維持の4.1億円で契約した。

2016年シーズンの平均年俸

ところで2016年シーズンの球団ごとの平均年俸も紹介しよう。
やはりソフトバンク、巨人が上位となっている。

広島も高くなっているが、黒田一人に6億円を払っていたのが原因で、引退を機に一気に下がることが予想される。

順位 球団 平均年俸 年俸総額
1 ソフトバンク 5830万 50億1440万
2 巨人 5129万 45億6535万
3 オリックス 4853万 33億4860万
4 広島 4446万 30億6830万
5 阪神 4434万 30億5990万
6 ヤクルト 4257万 29億3770万
7 日本ハム 4106万 27億1020万
8 西武 4083万 28億1780万
9 ロッテ 3783万 24億6730万
10 楽天 2912万 23億100万
11 DeNA 2860万 19億7400万
12 中日 2598万 20億2682万