読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本シリーズ終了後における大谷翔平のメジャー移籍に関する海外メディアの反応

広告

どうも、ゴトーだ。

f:id:hogehoge223:20170208081817j:plain

昨日、日本ハムが日本シリーズ優勝を決めて、今シーズンのプロ野球が終わってしまった。
ここから5ヶ月の長い休止期間があり、いつもなら憂鬱なところだが、来年にはWBCもあることで、プロ野球ファンにとっては話題に事欠かない年末年始になるだろう。

前回大会はプロ野球界全体が打者のタレント不足に悩まされていたことで、極端なスモールベースボールが強いられたが、今回は筒香や山田、柳田といった新しい大砲が加わったことで前回よりも世界の頂点が現実味を帯びているのではないかと思う。

ところで、日ハムが日本シリーズを制覇したことで、MLBの注目は大谷翔平がいつ来るのかということになっている。
既にアメリカのスポーツ局であるCBSが大谷の特集を組んでいるので紹介したい。

大谷翔平がポスティングシステムで移籍するか?

f:id:hogehoge223:20161030130259j:plain

アメリカが大谷や日本野球をどのように見ているかよくわかるので、できれば全文紹介したいがなかなか手間になっているので興味深い箇所だけ抜粋して翻訳してみた。意訳になっているところや単純な和訳ミスがあるかもしれないが、故意ではないので勘弁して欲しい。

日本シリーズの報道

On the other side of the world, the Nippon-Ham Fighters and Hiroshima Carp wrapped up the 2016 Japan Series on Saturday night local time. The Fighters won the best-of-seven series in six games even after the Carp took Games 1 and 2. Here's the final out and celebration:

メジャーではカブスとインディアンズによるワールドシリーズが行われているが、日本では日本ハムファイターズと広島カープによる日本シリーズが土曜の夜に終了した。最大7戦行われるシリーズにおいて、カープが第1戦、第2戦を勝利したが、日ハムが取り返し優勝している。

Laird, who spent time with the Yankees and Astros from 2011-13, was named series MVP. He headed to Japan two years ago and has hit 34 and 39 home runs the last two seasons. Anthony Bass earned the win in Game 6. He pitched for the Padres, Astros, and Rangers from 2011-15.

レアードはヤンキースとアストロズで2011年~2013年を過ごした選手で、日本シリーズMVPに輝いている。日本では2年間で34本、39本のホームランを打った。
パドレスとアストロズ、レンジャーズで過ごしたアンソニー・バスは第6戦の勝利投手になったよ。

This is the third title in franchise history for the Fighters, who had previously won in 1962 and 2006. The Carp reached the postseason this year for the first time since 1991. Had there been a Game 7, it would have featured a premium pitching matchup: Hiroki Kuroda vs. Shohei Otani.

Kuroda, who spent all those years with the Dodgers and Yankees, is simply one of the best Japanese pitchers of his generation. He announced earlier this month that he plans to retire after the Japan Series, win or lose. Kuroda returned to Japan last year to finish his career with the Carp, his longtime team.

日ハムは1962年、2006年以来の3度目の日本一、カープは1991年以来の日本シリーズ進出だった。そんな中凄いマッチアップがあった、それは黒田博樹vs大谷翔平だ。

黒田はドジャースとヤンキースでプレイし、その世代で最高の日本人投手の一人だ。黒田は今月始めに日本シリーズ後に引退することを発表しており、カープでキャリアを終えるために日本に返ってきた。

大谷の紹介

The 22-year-old Otani is the best pitcher in the world not currently under contract with an MLB team. He went 10-4 with a 1.86 ERA and 174 strikeouts in 140 innings in 2016 -- he also hit .322/.416/.588 with 22 homers -- and broke his own record for the fastest pitch in Japanese baseball history several times.

大谷はメジャーに契約していない選手で世界最高のピッチャーだ。彼は10勝4敗/防御率1.86/174奪三振/140投球回の上に、打率.322/出塁率.416/長打率.588/22本塁打という成績を収めている。
さらに彼自身が持っている日本最高球速の記録を何度も破った。

Now that the Japan Series is over, the focus will shift to Otani and whether the Fighters will post him for MLB teams this postseason. He's made it clear he wants to come over to MLB, but the team is under no obligation to post him.

日本シリーズが終わったことで、注目は大谷自身と日ハムがMLB移籍を容認するかどうかに変わった。大谷はメジャー挑戦意欲があることは知られているが、日ハムは移籍させる義務はないしどうなるかわからない。

The current postseason system allows the Nippon Pro Baseball team to set a "release fee" of up to $20 million for posting their player. Because Otani is so good, the Fighters will set the release fee at the maximum $20 million, which is financial windfall.

ポスティングシステムにおいて日本の球団は上限2000万ドル(約21億円)までに設定して選手をMLBと契約させることができる。大谷はもちろん凄い選手だから、日ハムは当然、譲渡金として2000万ドルに設定するだろう。

Also, since the Fighters just won a championship, it might be easier for the fan base to swallow Otani being posted. Had the team lost the Japan Series, letting Otani walk would have been a tough sell. He's their best pitcher -- and one of their best hitters, at that -- and their best chance to win is with him. The Fighters have a good team, obviously, and there would have been temptation to keep him in an effort to win. Now there's not.

日ハムは日本シリーズを制覇したことで、ファンに対しても大谷を放出することを認めてもらえる状況になった。もし負けていればそうはならなかっただろう。
大谷は優れた投手かつ打者であり、勝利するためには彼が必要だった。これまで日本シリーズを制覇するまではということで日ハムは引き止められたが、既にその材料はなくなった。

よくありそうな質問と回答

When would he be posted?

There's no set posting period. If the Fighters do decide to post Otani, they can do it at any time this offseason. In November, in February, whenever. The sooner the better, though. MLB teams will have more money available earlier in the offseason, and you know they're going to hold off on signing other big free agents until they know whether Otani is being posted.

いつ大谷は移籍するのか?

特に期間の決まりはなくて、11月から2月の好きな期間でファイターズは決められる。
ただそれは早ければ早いほど良いだろう。なぜならMLBのチームは、大谷が放出されるまでに他のフリーエージェントの選手獲得に動いてしまうからだ。

What about waiting until free agency?

It takes eight years for Japanese players to qualify for domestic free agency and nine years to qualify for international free agency. Otani just completed his fourth season, so he won't be free to sign with another NPB team until the 2020-21 offseason, or free to sign with an MLB team until the 2021-22 offseason. That's a long way away. Otani doesn't want to wait that long.

FAまで待つのはあかんのか?

日本球界は国内FAを8年、海外FAを9年と取得年数を定めている。大谷はまだ4シーズン過ごしただけだ。FAになるのは日本球界だと2020-21シーズン、海外だと2021-22シーズンになる。大谷はそこまで待つのを望んでいない。

Why would this be a good move for Otani?

Pretty obvious, right? Money. Sure, Otani probably wants to challenge himself against the best players in the world, but at the end of the day, money talks. Kuroda was the highest-paid player in NPB this season and he made a mere $4.9 million. That's middle reliever money in MLB. Otani himself made $1.83 million in 2016. He'd make 10 times that in MLB, easy. Probably more like 14-15 times that.

大谷にとってメジャー移籍は望ましいことなんか?

当然だ、金が違う。大谷はもしかしたら世界の選手に対して挑戦したいのかもしれないが、とどのつまり金が物を言うのは自明だ。
黒田は日本で最も高額年俸で6億円を得ているが、これはメジャーなら中継ぎ投手のレベルにすぎない。大谷は2億円を得ているが、メジャーに来れば10倍は固い。もしかしたら14倍~15倍になるだろう。

(※このサイトの円ドル計算が古い気がする)

What MLB teams would be interested?

The biggest suitors are, of course, the big market teams. The Yankees, Dodgers, Cubs, and Red Sox immediately jump to mind. Don't rule out the Giants or Nationals. Or the Tigers. Or the Cardinals. Or the Blue Jays, Orioles, Mariners, and Astros. Every team is going to want Otani. All the usual suspects will get involved plus more.

どのチームが大谷を欲しがってるん?

ヤンキース、ドジャース、カブス、レッドソックスといった大型球団がすぐに思い浮かぶ。もちろんジャイアンツ、ナショナルズ、タイガース、カージナルス、ブルージェイズ、オリオールズ、マリナーズ、アストロズも加わるだろう。
全てのチームが大谷を欲しがっているし、獲得競争に巻き込まれるのは間違いない。

報道を見た感想

メジャーとしては上限の2000万ドルを払うのは自明の理だし、大谷も行きたがってるし、日本シリーズ優勝したからもうええやろ、というのがアメリカメディアの見解なようだ。

メジャー以外では世界で最も優れた選手と言い切っているあたり、大谷の評価が見て取れる。

こちらもどうぞ

www.gamehuntblog.com