読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本田圭佑が中国リーグに移籍か!?本田圭佑ってそもそも実力はどうなの?

広告

どうも、ゴトーだ。

f:id:hogehoge223:20170208081817j:plain

俺は三度の飯よりサッカーが好きでな。
小学生の頃に一番やったゲームの一つはウイニングイレブンだ。

野球と陸上をやっていたからサッカーは部活でやったことはないが、遊びでよくやっていたからそれなりに得意ではある。
個サルなんかにも興味があるので、いつかやってみたいと思っている。

本田、今冬にも中国スーパーリーグへ移籍?

f:id:hogehoge223:20161020085437j:plain

日本代表FW本田圭佑(30)=ACミラン=が、今冬にも中国スーパーリーグへ移籍する可能性が出てきた。同リーグの強豪・上海上港が、ミランで出場機会に恵まれていない本田の本格調査を開始したことが19日に判明。本田のミランとの契約は来夏までで、獲得に必要な2~4億円(金額は推定)の移籍金にも問題はない。潤沢な資金で世界中の大物監督や選手を“爆買い”しているリーグだけに、日本の“王様”を獲得するメリットは大きい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161020-00000065-sph-socc

本田圭佑もついに年貢の納め時が来てしまったようだな。
これについて詳しく説明すると、本田は現在ミランの構想外で、出場機会を今後得るのは、ほとんど不可能な状況だ。

なぜなら本田はもう落ち目の選手で年齢も30歳と若くない。
また契約の最終年なので、ここで起用してチームに馴染んだ所で契約延長しなければ意味がない。
さらに、チームも現在リーグ3位と好調なので、既定メンバーを変えてまで本田を入れるのは何もメリットがない。

という状況で、おそらく本田がここからパフォーマンスを上げてもコンスタントにスタメン出場するようなことはまずあり得ない状況になっている。

そもそも本田が現在でもなぜ10番をつけているのかというと、ユニフォームや日系企業とのスポンサーといった金銭的な面が大きい、というかほとんどそれしかない。
本田はアジア全体でも人気が高く、アジア人でサッカー選手を志している人間にとって本田のようにミランで10番を背負うというのは憧れの的であり、ユニフォームも非常によく売れているのだとか。

要は金づる的な扱いを受けていて、来年の夏に契約が切れるのだが、当然今のままでは契約延長にはいたらないはずだ。
それでも来年の夏に契約が切れるので、今年の冬にどこかに売れば移籍金が入るということで、「ミランは本田を売りたがっているはずだ」という推測の元、中国のクラブが本田獲得に動いている、という情勢になる。

本田ってそもそも実力はあるの?

現在の話をすると実力はない。
というか相当な速さで衰えだしている。

衰えが最も顕著に出ているのは代表戦で、ザッケローニ時代の全盛期の本田はアジア相手ならばどんなに不利な体勢からでも崩されなかったし、強引にキープが出来ていて、まさに無双状態だった。キレキレのときには欧州の強豪国でさえ本田からボールを奪うのは至難だったからな。

しかし現在ではアジアの中堅国相手ですら簡単にボールを奪われるようになってきたし、現に日本代表でもスタメンが危ぶまれている状態にある。4年前までは本田なくしては機能しないというくらいのレベルだったのだが。

衰えの原因としては諸説あるが、よく言われているのがバセドー病だ。
本人は公表していないが、一時期やたらと話題になった眼球の突出やキョロキョロする動きはバセドー病の症状と言われており、その時期に首元にバセドー病と思しき手術痕ができたりしているので、100%ではないが、その可能性が極めて高いのは事実だ。

それに加えて30才を迎えて徐々に肉体的な衰えもで始めているだろう。
本田は日本人離れしたキープ力を活かして前線でボールを収められる選手だったのだが、セリエAに来てからはその強みが全くなくなってしまった。

じゃあなんでミランで期待されていたの?

f:id:hogehoge223:20161020090937j:plain

抑えておきたいのは本田は実は全盛期にどれくらいの実力があったのかの判断が難しい選手だ、ということだ。

本田は先程も言ったように日本代表での全盛期はイタリアやオランダと言った強豪国を相手にしても全く引けをとらないどころか、手玉に取ることすらあるくらいキレキレだった。
そしてその時期はロシアリーグのCSKAモスクワに所属していて、チームの王様として君臨していたし、間違いなくロシアリーグのトップ選手だったし、実際にチャンピオンズリーグでも一定の活躍はしていた。

ただロシアリーグは欧州の強豪国とはレベルが落ちるので、実際には本田がその時に欧州の4大リーグで活躍できていたのかというと100%活躍できていたとも言えないし、今のようにズタボロになっていたとも言えない。

実際ミランでも入団当初は戦力として期待されていたし、それこそバロンドールを獲得したカカやバロテッリと並ぶくらいに活躍するのではないかとも見られていたくらいだ。
もしも全盛期の力を持ったままミランに入っていればそれくらいのインパクトを残せていたかもしれないし、もしかしたら全くダメだったかもしれない。

いつから本田は見捨てられたの?

本田はミランでは現在を除いて、基本的にはレギュラー半という立ち位置だ。
ただそれも時期によって見方が変わってくる。

ミランの初期は主力としての活躍が期待されていたが、それができなかったことで「セリエAにフィットしていないのではないか」と見られていた。要は本田の実力は買われていたけど、ロシアとイタリアでは全然サッカーが違うからもう少し様子見しようじゃないか、と。

しかし段々化けの皮が剥がれてきて、「いや、こいつ大したことないんじゃね?」というムードが立ち込めてきた。
それが2年目以降で、それ以来本田は中心的な役割ではなく、献身的な役割を果たすことで試合に出られるようになってきた。

やがて「やっぱこいつ大したことないわ」という風になってきて、その辺りから見捨てられるようになってきたのだと思う。

もちろんゴトーが傍から見て感じたことであって、内部的には全く事情は違うと思うが、大体そんな感じという目安にしてもらえれば幸いだ。

今後の本田はどうなるの?

じゃあ今冬から中国に移籍するのか、というと可能性は低いだろう。こういった移籍話は大抵の場合飛ばしで、本田はかつてロシアリーグにいた時に毎月のように移籍話があったが、現実味のない話ばかりだった。

ただミランとしては売り時が今冬しかないので、そこで売る可能性があるのは確かだろう。
おそらく持っていても試合で使うことはないだろうしな。

本田としても冬に移籍しなくとも、キャリアの分岐点に来ているのは間違いない。
レベルを落として確実に試合機会を得られるクラブを選ぶのか、それとも強豪クラブに固執するのかは本田の決断次第だろう。