性の喜びおじさんは何者だったかを総括する。Weekend Loverなセリフ全文を含め徹底紹介。

広告

どうも、ゴトーだ。

f:id:hogehoge223:20170208081817j:plain

2016年9月に彗星の如く現れ、ニコニコ動画やTwitterを中心にフィーバーを巻き起こした「性の喜びおじさん」。
そんな性の喜びおじさんについて情報が出揃った今、その存在について改めて検証していきたいと思う。

性の喜びおじさんはただのヤバイおじさんではない、ということがこの記事を通じて伝えられたらと考えている。

性の喜びおじさんとは

f:id:hogehoge223:20161120140027j:plain

そもそも「性の喜びおじさん」というワードは聞いたことはあるけれど、実際にどんな人物なのかはよく分かっていないという人もいるかと思うので説明したい。

性の喜びおじさんが初めて発見されたのは、2016年9月に京王井の頭線内で独り言を話していた「性の喜びおじさん」を撮影した動画が、YouTubeにあげられて話題を呼んだことが始まりとなっている。

独り言を話す人ならたまに見かけるし、それが単なる普通のおじさんだったのならここまで人気を呼ぶことはなかっただろう。
しかし、性の喜びおじさんはそれだけ人気になる材料を持っていたのだ。

それは単にヤバイ奴ではなく、おじさんが純粋に面白く、そしてユーモラスな人間だったからだ。
しかも現在では本人もこの騒動を知っており、しっかりとそれを受け止めているのも性の喜びおじさんの凄さでもある。

騒動の一部始終を紹介

性の喜びおじさんは現在に至るまで、いくつかのフェーズを経て浸透してきた。
それについて簡単にまとめたのがこちらだ。

  • 2016年9月にYouTubeに性の喜びおじさんが撮影された動画が投稿される
  • それが瞬く間に注目を集め、ニコニコ動画やTwitterで二次創作的な人気となる
  • その騒動に乗じて別の独り言動画などが次々と投稿される。中には改札を蹴破ったりするヤバイ動画も投稿されていた。
  • Twitterで性の喜びおじさんに直接話しかける人が現れる。話してみると案外気のいいおじさんだった。
  • ついに有名ニコ生主「野田草履」が性の喜びおじさんに接触し、ニコ生で10万以上の再生数を稼ぎ出す。
  • 性の喜びおじさんが元投資家だったことなどが明らかになる。

創世記

https://www.youtube.com/watch?v=K2WNJdS9xH4&t=1s

この動画が伝説の始まりだ。
何の前触れもなく投稿されたこの動画が話題を呼んだ。

こちらがその全文である。

性の喜びを知りやがって!お前許さんぞ!
性の喜びを知りやがって自分たちばっかし、俺にもさせろよ!グギィィィ!…セックス…
コノヤロー…許さんぞ…自分ばかりしやがってよ…コノヤロー…
許さんぞこういうことは!

人の自由を剥奪しやがって。 性愛の自由を剥奪しやがって。
許 さ ん ぞ !

そして今度は何だ?女に相手にされんのだったら、ホモに転向しろかよ。バカじゃねえか?
ホモとかレズってのはいつも言うようにな、生まれた時から、性同一障害っていう、障害者なんだよ。
異性を愛せないという、病気なんだよ。なんで俺がそんな病気になると思う。
俺は女大好きだよ!何言ってんだ。あっ血が出てきちゃった…
チキショー…そんなに変なこと、出来るわけないだろう!チッキショー…

近頃はもうそういう風俗呼ばないと寝られんくなったじゃないかぁ。病気になったよ完全に。
不眠症なんだよ。女性の裸見ないとどうにかなるんだよ頭が。
そんなグラドルのな、あんな写真なんかで、おっさんが満足出来るか。
小学生じゃあるまいし、グラドルのやつなんかで。チクショウ。
何がグラドルの写真だよ。バカじゃねえのか…。
いい歳こいたおっさんがグラドルの、そんな若い子見て興奮するわけないだろ。馬鹿馬鹿しい。
いい加減にしろよ。グラドルですって、馬鹿にしてるよ。チッ…くっそぉ…

自分たち、お前たちには当たり前のこと俺はやっとらんのだ!ふざけんなよ。
週末には彼氏彼女の部屋に泊まりに行くくせに。Weekend Loverの癖に。冗談じゃないよ!
そして、そのWeekend Loverのために色んなことをするんだろ。「ああでもないこうでもない」って。クソ…。
あんなことこんなこと、ドラえもんみたいにヤっとんだろ。あんなことこんなことヤっとんだろお前。
「あんなこといいな こんなこといいな」って言いながら、Loversやっとんだろ。Weekend Loverで。
んで月曜日の、Mondayに、そ、そ、そういうの、やったから、元気が出るんだろ!

性の喜びを知りやがってとは (セイノヨロコビヲシリヤガッテとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

見るからにやばそうなオッサンなのだが、よく見ると西郷隆盛似でハンサムに見えなくもないし、言葉の先々から伝わってくる狂気、そして「Weekend Lover」や「あんなことこんなこと、ドラえもんみたいにヤっとんだろ」といった絶妙な言葉遣いからある種、文学性すら感じられる。

まあ冷静に考えれば電車内で性的な発言ばかり一人で話しているオッサンなんてただの危ない奴だが、この性の喜びおじさんは妙な面白みと言語センスがあったというのがポイントだな。

「Weekend Lover」とか「あんなこと、こんなことドラえもんみたいに」とか普通はとっさに思いつかないだろうしな。
突発的に英語が出てくるあたり、このオッサンは帰国子女なんじゃないのかとか、元劇団員じゃないのかとか、昔は実はモテてたんじゃないのかとか妄想自体を楽しむ動きすらあった。

続編動画が次々と投稿される

性の喜びおじさんは京王井の頭線を普段利用しており、渋谷によく出没するという情報が出回ったことで、その近隣に住んでいる人がたびたび発見し、スマホで動画を撮って投稿するようになった。

この時期には性の喜びおじさんが想像以上にヤバくて凶暴な奴なんじゃないのかと認識が広まっている。
というのも下の動画のように改札を蹴破ったり、突然地団駄を踏むことがわかったからだ。

その後も成蹊大学になぜか入り込んで暴れはじめて職員に取り押さえられる目撃情報があったりと、この頃の性の喜びおじさんは触れてはいけないあの人、みたいな感じになっていた。
おもちゃにして遊んでいた人たちも、そろそろやめとこうぜ…というムードが出始めていた。

その他のレパートリー

同時期にはその他のセンスあるセリフのレパートリーも見られるようになっていた。
個人的にその中で一番好きなのが、戦時中のキャッチフレーズである「欲しがりません、勝つまでは」を文字った、「諦めません、やるまでは」だ。

その全文はこちら。

許さんぞ、エロガッパ!エロエロガッパ、エロガッパァ!
許さんッ!この野郎!去れ!なんで俺が金を払ってないだと!ふざけるな!
ガァー、アァッー、ガッハぁ!オエッ!!うるさいなぁ…許さんぞ!
「させん」か…諦めん!諦めません、するまでは!

諦めません、するまでは!戦争中、「諦めません勝つまでは」と一緒だよ。
諦めません、するまでは!「諦めません勝つまでは」のパクリだよ。
戦争中言ってた、「諦めません勝つまでは」の。諦めません、するまでは!
見るなオカマ!お前は関係ないんだよッ!二丁目行け!カマが、カマカマカマカマ!
許さん。許さん!絶対する!するッ! Do it!! Do it, make love!! するぅッ!
ふざけるなよ、二十何年間してないんだぞこっちは恋愛!冗談じゃない!
馬鹿にすんな。本能だ!飯食うのと一緒だろ、オスとしての。ア゜っ!

この野郎…許さん…俺のせいにしやがって。俺がこうなったの誰のせいか!
人のせいにすんなお前よ、俺のせいにばっかしやがって。どっちでもいいんだよ!

汚ねえ…汚ねえことしやがって…諦めんぞ!するまでは!
絶対するぅ! Do it, make love!
うるさい!! Do it, make love! ペッ!
する! Do it, make love だ。

それにしても性の喜びおじさんは妙に英語力が高く、始めの動画の「Weekend Lover」や「Do it, make love」といった言葉を即興で編み出すのは並の日本人ではできない。
実際には東洋大学のインド哲学科卒業なのだが、この時には英語のスペシャリスト説すら出ていた。

直接接触する人が現れる

これまでは触らぬ神に祟りなし、といった具合で少し距離を置いて撮影された動画ばかりだったのだが、遂に直接話しかける人が現れるようになった。

なんかDQNと西郷隆盛銅像みたいな感じで面白いが、案外話してみると良い人じゃないかということが明らかになってくる。

最初はTwitterだけだったのだが、次第に実際に話しかけた動画が上がるようになってくる。
やっぱり動画で見ても、話していると普通の気の良いおじさんにしか見えない。

https://www.youtube.com/watch?v=5Onk9kAb6ho

ついに性の喜びを知る

f:id:hogehoge223:20161126113819j:plain

余りにも有名になった性の喜びおじさんはついに性の喜びを知ることに成功した。

この女性たちは「キチョハナカンシャ」という名前の就活アイドルグループだ。
普段はどんなアイドル活動をしているのかはあまり知らないが、あみという女性メンバーが乳首を彼氏に咥えられている画像が流出したことで炎上し、そのメンバーが脱退したという騒動だけは知っている。

そんなキチョハナカンシャが渋谷で性の喜びおじさんを発見したとして、Twitterにあげた画像がこちらだ。

ついに性の喜びおじさんも売名に使われることで、性の喜びを知ってしまったか…ということで話題になった。
しかしこのツイートで批判が上がったのか、アカウントごと削除されてしまった。

ニコ生に出演する

そして悪い意味で有名ニコ生主である「野田草履」が性の喜びおじさんに接触して、ニコ生に長時間出演を果たしてしまう。
この配信は24時間行われ、性の喜びおじさんが出ずっぱりではなかったが、10万人以上が視聴した配信となった。

この動画の続きではカラオケに行っていて、性の喜びおじさんが熱唱している姿が見られる。
ちなみに歌唱力はジャイアンのように余りにもひどいものだった。

さらにドローン少年こと「ノエル」が性の喜びおじさんの自宅に突撃し、家の中から配信している。

f:id:hogehoge223:20161120155009p:plain

f:id:hogehoge223:20161120155020p:plain

こうして次々と性の喜びおじさんの素性が明らかになり、今まで憶測でしかなかった情報が本人の口から聞かれるようになっていた。

性の喜びおじさんの情報まとめ

性の喜びおじさん本人の口から語られた言葉は以下のようなものだ。

  • 苗字は岩下
  • 年齢は54才
  • カラオケ好きで矢沢永吉がお気に入り
  • 熊本学園大学付属高校卒業後一浪を経て東洋大学のインド哲学科を卒業
  • 前職は個人投資家だが、現在は破産し、母親のお金で生活している
  • 巨人ファン
  • 脱水症らしく経口補水液を常備
  • グラビア好き篠崎愛、高崎聖子、坂口杏里が好み
  • プロレスファンでタイガーマスクの佐山サトルを尊敬している
  • 高井戸の京王ストアでいつもお買い物
  • 家でもずっと同じ調子で一人で喋っている
  • TwitterやFacebook、ニコニコ動画でネタにされていることは知っている
  • ただしそれほどインターネットに詳しいわけではない

本人はネタにされることを極端に嫌がってはいないが、自分が1円も得をしないことからやめてくれとは言っている。
その割にニコ生とかにはそれほど嫌がらずに出ているので、凄く嫌がっているわけではない。

ちなみに自宅に勝手に入られて物を破壊されることがあるらしくて、それに関しては凄く困っているらしい。
さすがにそこまでしたら単なる犯罪だ。

なぜ性の喜びを知ることが許せなかったのか

ここで一つ疑問に思うのが、なぜ「性の喜び」をそこまで目の敵にするのかということだ。
正直世の中には童貞なんてくさるほどいるし、それでもあそこまで露骨に表現する人はなかなかいないだろう。

しかもよりにもよって日本で最もリア充が楽しんでいるであろう渋谷に頻繁に出没するというのも謎に思われていた。

それに関しては性の喜びおじさん本人からの情報によってほとんど答えが出ているのが現状だ。

不眠症になったのは本当

性の喜びおじさんデビュー作の全文の中に「近頃はもうそういう風俗呼ばないと寝られんくなったじゃないかぁ。病気になったよ完全に。不眠症なんだよ。」というものがある。

これが実話だったのは、上に貼ってある野田草履との動画で明らかにされていて、本当に欲求不満が祟りストレスから不眠症になっているらしい。
確かに不眠症になるほどストレスがかかれば、口走りたくなるのもわかるだろう。

20年以上ヤっていない

性の喜びおじさんに接触し始めた頃の動画に「インサートの喜びは感じていない」というものがある。
その動画によると、性の喜びおじさんは20年以上に渡って経験がないらしい。

つまり直近にヤったのは今が54歳だから34歳よりも若いとき、ということになる。
今でも毎日のように渋谷に来てナンパしているらしいが、それでも一向にインサートできていないということはとんでもない欲求不満なのがわかる。

ちなみにここで渋谷にいる答え合わせが完了していて、単純に若くておしゃれな女性とお近づきになりたいかららしい。
渋谷のリア充カップを見て発狂したわけではない。

「男」に憧れている

性の喜びおじさんの趣味で明らかになったのは、佐山サトルと矢沢永吉が好きなことだ。
どちらもイケメンではないが、男らしさがあって男から憧れる男だ。

性の喜びおじさんは今の時代ではなかなか受け入れられづらい、そういった男らしさを追求しているがあまりインサートの喜びを感じられていないのかもしれない。

無職で文無しである

さらにタチの悪いことに、この性の喜びおじさんは現在無職で、文無しで母親の貯金で生活しているらしい。
正直54歳の性の喜びおじさんとせっかく付き合っても、ヒモにされてしかも働く気がなかったらインサートまで至るわけがない。

結論

f:id:hogehoge223:20161121163125j:plain

以上の点を踏まえると結論はこうなる。

54歳にもなって無職の文無しが、渋谷で若い女の子を毎日ナンパしようとしても成功するわけがなく、それが20年以上も続いたら欲求不満になり、不眠症になり、週末に彼氏彼女であんなこと、こんなことドラえもんにやっている奴らが許せない。

という至極まっとうな結論である。

実はこの記事は何度も書き直していて、最初は憶測ばかりだったのだが、だんだん情報が明らかになるにつれてどんどん現実的な考察に変わっていった。
まあ情報がないところであることないこと考えるのが面白いということもあるかもしれない。

性の喜びおじさんに関しては過去のこういった界隈の人中では最もまともな人間で、それゆえ情報が出すぎてしまったことで賞味期限が短かったように感じる。
左足壊死ニキや岩間好一などはとても近づけないタイプだったがゆえに、憶測が憶測を呼び息が長かったのではないか。

性の喜びおじさん人気は既にピークを過ぎており、これからどんどん検索されることもなくなるだろうが、一応記念碑として残しておきたい。

なぜ人気になったのか

ネット文化を知らない人からしたら、なぜこのおじさんがここまでの人気者になったのかはサッパリ分からないかもしれない。
というかむしろ知らないほうが健全だと思う。

しかし、せっかくこんな記事に来てここまで読んだのなら説明してしまいたい。

実は性の喜びおじさんはそれ単体でヒットしたのではなく、性の喜びおじさん的なジャンルが既に存在していたのだ。

f:id:hogehoge223:20161125193030j:plain

ニコニコ動画では統合失調症的な人々の中でも、とりわけコンテンツとして面白い人々を指して「糖質四天王」というカテゴリすら作られていた。
彼らはいわゆる「ヤバイ奴」で、常人離れした行動をして、それを自らYouTubeなどにアップしたものをニコニコ動画に転載して、それをみんなで楽しむという習慣が既に根付いていた。

性の喜びおじさんも、当初投稿されていた動画だけみると、統合失調症を疑われていて、「糖質」カテゴリの住民から注目される形で、初動の人気を確保したという経緯がある。

「糖質」カテゴリはあまり一般受けしないで一部のマニアだけに楽しまれることが多かったのだが、この性の喜びおじさんは妙に言語センスが良いことで一般層の人気も確保し、Twitterでもそのブームが伝播した。

しかしこういった一発ネタは二次創作こそあるものの、確実に鮮度というものがあり、飽きられるのが早いのも事実だ。
性の喜びおじさんも直に飽きられるはずだったのだが、このおじさんは渋谷など人通りの多いところを頻繁に行き来していることもあって、発見が容易だったことも寄与している。

続編的な動画が次々と投稿され、やがて接触する人、ニコ生で放送する人まで現れることで、鮮度が失われずに長続きした。
最も今では下火になってはいるが、一発ネタの割には長く続いたほうだろう。

性の喜びおじさんの源流は「糖質」カテゴリにあるのは事実だが、その後様々な情報が明るみに出るにつれ、実際に話してみると意外にも常識人で気さくなおじさんだということが判明している。
その点で既存の「糖質」とは異なるもので、今となっては好印象を抱かれてすらいる。

さらに性の喜びおじさんはこの騒動を自分で認知しており、それについて「お金が一円も貰えないから」ということで、それなりに嫌がっているものの、実際にニコ生主が話しかけると露骨に嫌がることもなく、割りと乗り気になっているので、本人公認キャラクターみたいに扱いになっている。

こうした一連の流れを経て、現在の性の喜びおじさん像が形作られている。
あまりにもハイコンテクストになりすぎている感もあるが、この深みこそが性の喜びおじさんの真骨頂かもしれない。